;

ひとてまのブログ

家具

馬蹄形

この赤味がかった、あたたかみのある渋いブラウンは
単なる着色では出せない自然の色。


今回は、家具のご紹介。


稀少材「マホガニー」を採用しており、
デンマークのデザイナー「ハンス・S・ヤコブセン」が
「ハンス・J・ウェグナー」の名作「ザ・チェア」に
インスパイヤーされて生まれた作品なんだそうです。

その名は・・・・「ホースシュー」

上から見ると、馬の蹄の形に見えることからだとか。
なかなか洒落てます。

家具

「ハンス・S・ヤコブセン」は、故「ナンナ・ディッツェル」の
スタジオで活躍。現在は、北欧の有力メーカーで工業デザインを
手がけられています。

完全なるミニマルデザインは彼のトレードマークで
背面から側面にかけての滑らかなカーブが美しい。
ただ、デザインだけではなく機能性も高く

背中をつけ...
肘掛に手を置き...
座面に座る...

体重をしっかり分散してくれて、心地よかったです。


家具
「ホースシュー」に合わせて作られた、ダイニングテーブルに合わせるとこんな感じ


家具
同じシリーズのソファー


全体的に少し濃い色目の空間に合うように思います。
このお宅では、いい感じでマッチング。

今回だけでなく、これからもお客様のところで『いいね』な
家具と出会えたら、どんどんご紹介していきたいと思います。