;

ひとてまのブログ

富士山世界遺産センター

富士山世界遺産センター

休日を利用し静岡県富士山世界遺産センターに行ってきました。

静岡県富士山世界遺産センターは富士山が平成25年6月に世界文化遺産に
登録されたのを機にコンペによって坂茂建築設計事務所の案が採用され、
平成29年12月にオープンした富士山に関して学ぶ博物館。

富士山を逆さにしたような形態を持つ外観で、富士山の湧き水を利用した水盤に
その形態を虚像させて天候や季節により刻々と変わる富士山の神々しい姿を表現
させるそうなのですが、残念ながらこの日はあいにくの天候。
水盤に移る富士山の形態はわかりにくいものでした...残念。

ただ、これも自然に対して刻々と変わる富士山の景色と同じなんだろうと思います。

富士山世界遺産センター

富士山世界遺産センター

博物館の外観に関して、「ふと!」思いました。

それは逆さ富士の根元に当たる屋根は地面につく力強さを持っていて
外観に富士の湧き水で育った富士ヒノキを使用するという事で
表現としての深みを与えているのだろうなと...

そして、経年変化でこの富士ヒノキが変化した時
水盤に映る富士の景色も変化するのであろう...

素晴らしくおもしろい建築であるなと、上から目線で思いながら、水盤を横目に
ホールに入り1階から5階まで螺旋状のスロープを上がり富士登山を疑似体験。

......
......
......

本物の富士登山したことないけど...


と、そんな事を思っているうちに最上階の5階に到着。
そこにはピクチャーウィンドウとしての富士山が出現。

富士山世界遺産センター

富士山世界遺産センター

頂上である5階フロアの展示内容は富士山のマグマに関する展示内容で
これは逆さ富士として根元を意識した展示の構成なんでしょうか。


私は、現代建築におけるシンボル性のある建築が
その形態を難しくしているように思います。
それは技術の進歩における三次元形態の実現がデザインを変化させているのでしょう。
今回、訪れたこの建築は富士山の世界遺産登録を機にした建築であり
シンボル的な建築形態は必須であったはず...
3次元曲面を使った現代にふさわしい技術を使ってはいますが、
形態はわかりやくシンボル性の高い建築になっていると私は思います。
そして、とても深みのある建築物でした。