;

ひとてまの家

家を強くする丁寧さ

丁寧な手仕事

建物に大切な柱・梁は直接叩くことなく、必ず当て木をしてから叩きます。
釘を打つ際の機械の圧力を弱め、木材が割れないように最後は職人が丁寧に手打ちします。
今日まで建ててきたお家で、構造材を丁寧に扱う考え方、試行錯誤の中から残ってきた丁寧につくる技術。その1つ1つの積み重ねが家の質を高めています。