;

M邸(木津川市)施工ブログ


コンクリート打ち

配筋検査も無事に終え、建物を建てる上での序盤のメイン作業コンクリート打設。
まずは底板、いわゆる床面からコンクリートを流していきます。

コン打ち

コン打ち

綺麗にならして、コンクリートが固まるまでおいておきます。

コン打ち

外部からの水を防ぐため、止水板を丁寧に埋め込みます。
速く乾きすぎると、ひび割れが起こったり、強度に影響してきますので、
水を張ります。重要な「ひとてま」ですね。
 
コン打ち

次は、木枠の間にコンクリートを流して、立ち上がり部分を作っていき、

コン打ち

コン打ち

おぉ~、美しい。決して写真だからではなく、本当綺麗に仕上がっていました。


この後、外周に足場を組んでいき、木造のメイン作業の建方を行います。